ゼロからの投資
株と為替で収入UP お気に入りに追加
ゼロからの資産運用  > 株式投資  > ゼロからわかる株式講座  > 証券会社に口座を作る  > 振り込み手数料も注意しよう

振り込み手数料も注意しよう


証券会社を選ぶ上で、主に注意しないといけない点は「証券会社選びの注意点」で 記述しました
ただ、それ以外にも注意た方がお得な点が何点かあります


振込み手数料に注意


証券会社に入金する際、銀行のように窓口で入金したりATMで入金したりと言うわけにはいきません
ほとんどの場合、証券会社が指定する口座に振込みを行うことになります
この振込み手数料も馬鹿になりませんので、なるべく安く上げる方法を考えないといけません

証券会社と同じ銀行を利用する
銀行の振込み手数料は同じ銀行、同じ支店同士になるほど安くなります。
つまり、証券会社が利用している銀行と同じ銀行(のATM)を利用すると手数料を節約することができます。

インターネット銀行を利用する
次は、インターネットバンクを利用する方法です
一般的に、普通の銀行よりインターネットバンクの方が振り込み手数料が安くなっています
例えば、イーバンク銀行 ジャパンネット銀行 などの振込み手数料が安い銀行を利用すると、 その分、振り込み手数料を節約することができます
また、新生銀行では月5回までですが、手数料無料で振り込みできますので、非常にお勧めです

無料で入出金できるサービスを利用する
最後の方法ですが、証券会社の中には、無料で入出金できるサービスを提供しているところもあります
どの銀行と提携しているかは証券会社によって異なっており、自分が普段使用している銀行と 提携している証券会社に口座を開設すれば、振込み手数料を節約することができます

また、逆にお目当ての証券会社が提携している銀行に口座を作ると言う手もあります
ジャパンネット銀行 などは多くの証券会社と提携しており、株式投資をする上では 非常に便利な銀行と言えるでしょう。
証券会社と提携しているのは、都銀とジャパンネット銀行 がほとんどですが、 都銀と違ってジャパンネット銀行 なら郵便局のATMも入金に使用でき、地方に住んでいても 便利に使える銀行ですので、ほとんどの人にとって口座を作っておいて損は無いと思います


入金する際にも注意


証券口座への入金をしたら、自分が入金した金額が証券口座へ反映されているかどうか、 確認をしなければなりません。
振込みの場合、すぐに証券口座に反映されるわけではないので注意が必要です
多くの場合は、営業時間内の振込みであればその日のうちに反映されますが 場合によっては、次営業日以降になる場合もありますので、余裕を持って入金しておく 必要があります

一方、多くの証券会社で、銀行と提携して「即時入金サービス」というサービスを提供しています
「即時入金サービス」を利用すると、振込みと違って営業時間に関係なく24時間いつでも即座に 証券口座に入金が反映されますので非常に便利です
ですので、出来れば自分が利用する証券会社が「即時入金サービス」を提供している 銀行に口座を開設しておいた方が良いと思います。