ゼロからの投資
株と為替で収入UP お気に入りに追加
ゼロからの資産運用  > 株式投資  > ゼロからわかる株式講座  > 証券会社に口座を作る  > 証券会社選びの注意点

証券会社選びの注意点


口座はネット証券が基本


株式取引の注文方法には大きく分けて次のようになります
1.証券会社の窓口で注文を出す
2.担当者に連絡して注文を取り次いでもらう
3.インターネットを使って直接売買の注文を出す

このうち3のインターネットによる注文に特化した証券会社をネット証券といいます
(ただし、手数料は高くなりますがコールセンター等でも注文できます)

どの方法でも売買はできますが、一般的にその手数料は大きく異なってきます
当然、人の手を介する1や2は手数料が高くかかってきます
証券会社の違いによる差もありますが、野村證券などで担当者経由で注文を出す方法と ネット証券でネット経由で注文を出す方法では10倍近く手数料が異なります
売買金額によっては数千円、数万円の違いになるので、馬鹿にできません

また、ネット証券では担当者を介さないので、誰の気兼ねもなく自由に売買できます
売りたかったのに損切りするのが恥ずかしくて担当者に電話できなかったとか、 あまりに小口で恥ずかしくて買い注文出せなかったと言うような話を昔はよく聞きましたが ネットなら誰にも話す必要が無いので気軽に注文を出せます

従って、担当者についてもらった方が安心できるなどの理由が特に無い限りは ネット証券に口座を作ることをお勧めします


手数料の安い証券会社を選ぶ


ネット証券だったら全ての証券会社が安いかというと、そういうわけではありません
証券会社によっては結構手数料に差があります。
また、同じ証券会社でも手数料体系が何種類かある場合もあるので注意が必要です

代表的な手数料体系は次の3つです

1.取引ごとに手数料がかかる
1回の取引ごとに手数料がかかるタイプです。1日に何回も取引をするような人以外は このタイプが一番お得になると思います

2.1日ごとに定額手数料
1日の約定代金ごとに手数料がかかるタイプです。取引回数に関係なく、1日毎に定額手数料になります。
ただし、合計約定金額が決められた額を超えると手数料も増える場合が多いので注意が必要です
(例)
約定金額200万までは、手数料2000円固定
約定金額400万までは、手数料4000円固定



など

3.1月ごとに定額手数料
1ヶ月間、何回取引しようが約定金額がいくらになろうが固定手数料のタイプ
ライブドア証券の「プレミアムトレード」 などがこのタイプになります
1日に何回も取引するようなデイトレーダーにはこのタイプは非常にお得になります


情報サービスの充実した証券会社を選ぶ


証券会社によって提供している情報は大きく異なります
また、あるところでは有料の情報も別の証券会社では無料だったりします
従って、できるだけ無料で得られる情報が充実している証券会社を選ぶと お得です


システムが安定している証券会社を選ぶ


コンピュータで全て処理するため、アクセス過多などでシステムダウンする危険性は 防ぎようがありません
証券会社によってシステムの安定性は異なりますので、こちらも事前に調べておきたい 項目になります
ただ、最近ではどこの証券会社もシステムに力を入れていて、そうそうシステムダウンで 注文できないと言うような状況は起こらなくなってきたようですので、 過度の心配は不要かもしれません


他にも注意すべきポイントはありますが、主に以上の点に注意して証券会社を選べばいいと思います。
ただ、残念ながら全てがパーフェクトな証券会社は存在しないので、自分がどこに重点を置くかによって 選択する必要があります。
また、特徴の異なる証券会社の口座を複数開設しておくのも良いと思います

ただ、具体的に比較しないとわかり辛いと思いますので、近いうちに、 各ポイントに着目して証券会社を比較するページを作りたいと思います