ゼロからの投資
株と為替で収入UP お気に入りに追加
ゼロからの資産運用  > 株式投資  > ゼロからわかる株式講座  > 証券会社に口座を作る  > 証券会社に口座を作ろう

証券会社に口座を作ろう


株については、どんなものかは大体解かった
では、実際に株を購入してみましょう

と行きたい所ですが、株はどこで買えるのでしょうか?
お金に関することは大体の事は銀行に行けば何とかなるので、株も銀行で買えるのでしょうか?

残念ながら、株は銀行では買えません
株は、証券会社というところでしか売買できない仕組みになっています


どの証券会社に口座を作るか


株は証券会社でしか売買できませんので、これから株を始める方は、証券会社に 新たに口座を作らなくてはいけません
「野村證券」や「大和證券」なら名前ぐらいは聞いたことがある人が多いと思います
これまでは、なにやら遠い世界に感じた証券会社に、ついに足を踏み入れることになるのか と思うとちょっと緊張してしまいますね

といっても、それほど構える必要はありません
多くの証券会社では、無料で口座を作れますし、わざわざ店頭まで足を運ばなくても ネット上で口座開設の申し込みと書類の郵送で口座が開設できるようになっています

また、口座と言えば、銀行の預金口座は「ペイオフ解禁」により1000万以上の預金は保護されなく なりましたが、証券口座はどうなのでしょう?
証券口座に預けてあるお金は?株券は?保護されるのでしょうか? 結論を言ってしまうと、お金も株券も全て保護されます
証券会社では顧客から預かったお金は、証券会社自身の資産とは別々に管理するように 法律で定められています
また、株券も「証券保管振替機構」という証券会社とは独立した機関で管理されています
これらの仕組みにより、例え証券会社が倒産したとしても、顧客の資産は完全に保護されるようになっています

従って、証券会社を選ぶ時は、売買手数料・提供する情報の質・システムの信頼性などを重視して 選べばいいと思います
その際、ほとんどの口座は無料で開設できますので、よさそうな証券会社の口座を いくつか作っておくことをお勧めします
証券会社によっていろいろな特徴があるため、実際に使ってみて使いやすい口座を使うように することができますし、もしシステムにトラブルがあった時にも複数の口座を持っていれば 別の口座で取引できますので安心です
また、口座を開設しないまでも、たくさんの会社の資料を取り寄せるぐらいはしても損はないと思います
株についていろんな資料がついていたりして、これを読むだけでも結構勉強になります

ちなみに、私は の口座を持っています


口座を作る


実際の手順は証券会社毎に異なりますので、詳細な手順は各証券会社のHPで確認して 頂かないといけませんが、多くの証券会社で次のような手順になります

1.HP上で口座開設の申し込みをする
       ↓
2.証券会社から申し込みキットが送付される
       ↓
3.必要事項を記入の上、本人確認書類(*)とともに申込書を郵送する
       ↓
4.口座が開設され、口座開設の通知が送付される
       ↓
5.指定された銀行にお金を振り込む

この段階でいつでも株を買える状態になります
郵送が合計3回発生しますので、その時間等もあり一概には言えませんが 大体HP上で最初に申し込んでから、1〜2週間ぐらいで口座の開設が完了します


(*)本人確認書類
本人を確認できる公的な書類で
1.各種健康保険証
2.運転免許証
3.各種年金手帳
4.各種福祉手帳
5.外国人登録証明書
6.住民票の写し
7.住民票記載事項説明書
8.印鑑証明書
9.外国人登録原票
など