ゼロからの投資
株と為替で収入UP お気に入りに追加
ゼロからの資産運用  > FX投資術  > FX投資戦術  > トラリピ

トラリピとは


正式には、トラップリピートイフダン取引と言います

トラリピでは、ある範囲の価格帯において、イフダン(IFD)取引を 幅広く仕掛けて、かつそれを繰り返し行います。

わかりやすい説明


トラリピの強み


投資で確実に勝つ方法をご存知でしょうか?

それは、安く買って高く売ることです

トラリピとは、まさにそのトレードをシステム的に繰り返し行う手法なのです

例えばドル円を
  • 「85円で買って86円で売る」
  • 「84円で買って85円で売る」
  • 「83円で買って84円で売る」
    と言う作業を繰り返し行うことになります

    為替相場は、円高や円安などのトレンドもありますが、 実はあるボックス内を上下動していることがほとんどです

    トラリピは、この相場の上下動を細かくGetしようという戦略なのです

    ですので、1取引あたりの利益は小さいのですが、為替相場は同じところを 何度も言ったりきたりしているので、気がつけば大きな利益になっているという訳です

    トラリピの弱み


    仕組みを理解すればわかると思いますが、トラリピはボックス相場を想定した手法です

    従って、トラップ範囲からはみ出すような動きを相場がした時は注意が必要です
    特に、リーマンショックのように想定を通り越して暴落した時は大きな含み損を抱えることに なってしまいます

    いずれは、元のレンジに戻ってきて利益を重ねてくれるような動きであっても、 (しかも、動きが大きい分利益も大きくなるはずなのに) 含み損に耐えられないような状態になってしまうと戦略自体が終了してしまいます

    ですので、トラップを仕掛ける前に、どれぐらいのリスクがあって、どの程度の暴落までは 絶えれるのかを、きっちり想定しておく必要があります
    そして、その想定に問題なく乗り越えれるようレバレッジは低く抑えておくことが肝心です


    トラリピを実行するには


    さて、強み弱みを理解したうえで、トラリピをやってみようという場合、 現在だと3つの方法があります
    1. M2J社に口座開設する

      トラリピはM2J社が特許を取得しているため、お手軽に完全自動でトラリピを実行できるのはM2J社だけです。
      M2J社自身もトラリピに非常に力を入れているので、安心してトラリピを実行することができます
      また、トラリピ関連の情報も充実しているため、トラリピをする際に非常に参考になります



      短所としては、手数料が高いのとスプレッドが大きいため、コストが大きくかかってしまう点です
      手数料とスプレッドを足すとドル円でも10pips相当になるため、トラップ幅はある程度大きくしないと実用的ではありません


    2. 手数料の安い業者で手動トラリピを実行する

      自動ではありませんが、ポジションが決済されるたびに新規のイフダン注文を出すことにより 手動でトラリピを行うことができます

      手数料無料、スプレッドも小さな業者で行えばM2Jの1/10程度のコストでトラリピを実行することができます
      弱点はもちろん手動でしかできないことですが、実際には1日に1回〜2回リピートすればいい方なので 十分対応可能だとは思います

      参考までに、1000通貨単位で取引ができ、手数料無料のお勧めFX業者はこちらです
      FXブロードネット
      FXプライム
      外為どっとコム


    3. 「Meta Trader」などの自動売買ツールを使って実行する

      上記2つの長所を両方とも実現するのが、「Meta Trader 4(MT4)」を使った自動売買です
      「Meta Trader 4」とは世界的に有名な自動売買ツールで、様々な業者がMT4に対応しており、 手数料無料でスプレッドも小さい業者も多く対応しています

      また、自動売買ツールですので、一度起動すれば後は自動で売買が実行されます

      ただし、上手い話には落とし穴があるもので、「Meta Trader」で自動売買を行うためには 自分で自動売買プログラムを書くか、他人が作ったプログラムを手に入れる必要があります。

      トラリピのプログラムは簡単なプログラムでできるので、プログラムの書ける人には是非とも お勧めしたいのですが、そうそう普通の人ができるものではなく残念ながら敷居はかなり高いです

      ただ、コスト的にはかなり大きく浮かせることができますし、「Meta Trader」を紹介するサイトや本は たくさんあるので、勉強しながら作ってみてもいいかもしれませんね

      こちらのブログ「MetaTrader自動売買でトラリピ」でも簡単に解説していますので、参考にしてください

      MT4対応のお勧め業者
      FOREX.com MT4(メタトレーダー4)

      また、「Meta Trader」を使う際に、便利なのがMeta Trader Webのような VPSサービスです


      VPSとは


      MetaTraderを使った自動トラリピは、パソコン上で動くMetaTraderが
      普通のIfDone注文を発注した後、その注文をずっと監視していて、
      IfDone注文が決済されると、すぐに次のIfDone注文を
      発注するという仕組みで動いています
      ですので、基本的にパソコンが常に起動している必要があります

      でも、パソコンをずっとつけぱなっしには・・・と言う場合に、
      ピッタリなのがVPSと言うサービスです。

      VPSとは、ネットワーク上にあるWindows環境のパソコンを、
      自宅のパソコンなどから自由に利用できるサービスです

      このパソコンはサービス提供会社がしっかり管理しており、
      24時間起動しているので、MetaTraderを常に起動しておくことが
      可能になります

      このVPSサービスで今お勧めなのがMeta Trader Webで、 条件はあるものの、VPSを無料で提供してくれます

      その条件は、メタトレーダーウェブと提携している海外FX業者の口座を
      開設することなのですが、どれも世界的に有名な業者ですし
      メタトレーダーウェブが日本語で丁寧にサポートをしてくれますので
      それほど心配する必要はありません。

      また、海外口座はレバレッジ規制が無いという利点もありますので
      うまく使えばむしろ便利だったりします