ゼロからの投資
株と為替で収入UP お気に入りに追加
ゼロからの資産運用  > ゼロからわかるFX講座  > FXの特徴  > FX(為替証拠金取引)とは

FX(外国為替証拠金取引)とは


FX(外国為替証拠金取引)の誕生


昔は、我々が為替取引をしたいと思っても自由に取引することはできませんでした
外国為替取引は銀行だけに許可されており、一般の投資家は銀行で、 銀行の提示するレートで外貨を「買う」ことのみ許されていました

しかし、1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、 銀行だけに許可されていた外国為替取引が自由化されました
だれでも自由に為替の取引を行うことが可能になったのです

この改正を受け、一般投資家にも為替取引ができる商品として FX(外国為替証拠金取引)が誕生しました

また、インターバンク市場と呼ばれる銀行間の取引市場では 通常「100万通貨」単位で取引が行われているのですが、 これを一般の投資家にも参加しやすいように取引単位を「1万通貨」や「1000通貨」に小口化し、 数万円程度の担保資金(証拠金)で行えるようにしました

このように、FX(外国為替証拠金取引)とは、銀行や機関投資家だけの特権であった 外国為替取引を、個人投資家に参加できるようにした素晴らしい商品なのです


レバレッジ


為替取引は、ある通貨を売って、別の通貨を買う取引でした
銀行から売るための通貨を借りてきて、別の通貨を買うことになります

この時、FX(外国為替証拠金取引)では、一定の「担保金」を元に取引業者に 信用供与してもらい、資金の何倍もの通貨を借りてくることが可能になっています
従って、投資資金の何倍もの通貨の取引が可能となります

これを「レバレッジ(てこ)を利かせる」といいます
株式をやる人は信用取引と同じような仕組みだと思ってもらえればいいと思います


差金決済


FX(外国為替証拠金取引)は、元本(現物)の移動交換を伴わない取引です
つまり、ある通貨を売って別の通貨を買った時点(これをポジションを立てるといいます) では、現金の移動が全く発生せず、そのポジションを決済したときに 一連の売買の差額(損益)だけを決済(差金決済)することになります

為替取引では非常に巨額の資金が取引されるため、リスクヘッジの観点からこのような仕組みが取り入れられています